カメノドットコム
Debian大好きでメインで節操ない感じ。
GMOもわりと好き。
RSS feedly

複数のユーザーを使い分ける

Googleアカウントを利用しなくても、Chromiumではユーザを追加できます。
クッキーやキャッシュ、ブックマーク、拡張機能などは共有されません。
……GoogleChromeでもできるけど。GoogleにINしなければいいだけだし。
そして、起動オプションをつけることで、複数ユーザーのブラウザを同時に立ち上げたりも出来ます。
まともな使い方としては。
●シークレットモード、アドオン無し、検索用
●開発用アドオンのみ、コーディングチェック用
●特定サイト特化型
こんな感じでしょうか。
複垢でゲームもできますけどなー。

ユーザ追加方法

Chromumを入れて初めて起動した時点で「~/.config/chromium/Defautl」というのが作られます。
文字通りデフォルトのユーザなので、これは消さないようにしましょう。
では、ユーザーの追加方法を解説。簡単です。

まずは 設定ボタン をぽちっとします。
んで「設定(S)」を選び、設定画面を開いて「ユーザー」の項目までスクロール。
「ユーザーを追加...」ボタンをぽちっと押します。
↓みたいになります。
ユーザ追加のポップアップです。
好きなアイコンを選んで、わかりやすい名前をつけてください。
しかるのちに「追加」ボタンを押せば完了です。

ユーザーの切り替えは 右上に並んでいるボタン で行います。
これはデフォルトユーザーなので、問答無用に「ユーザー1」と名付けられています。
ユーザー名をポチ→ユーザーを切り替えをポチ→目的のユーザー名をポチ。
以上でユーザーが切り替わります。

ユーザー名やアイコンを変更したいときは、まず変更対象のユーザーになります。
「設定(S)」→「ユーザー」と進んで「編集」ボタンを押すことで変更が可能です。「ユーザー1」も変更できます

ユーザーごとに立ち上げる方法

起動コマンドに引数をつけることで、指定ユーザーのChromiumブラウザを立ち上げることが出来ます。
基本の起動コマンドと引数は下記の様になります。
「N」はプロファイルの数字です。

/usr/bin/chromium --profile-directory="Profile N"

専用ユーザーだからいきなり目的のサイトで開きたいという場合は、引数を追加します。
「サイトのURL」は「htp://」や「https://」から始まる完全なアドレスを指定してください。

/usr/bin/chromium --profile-directory="Profile N" "サイトのURL"

シークレットモードで立ち上げる方法

引数に「 --incognito」を与えます。
検索用シークレットモードの例は下記参照。

/usr/bin/chromium --incognito --profile-directory="Profile N" "検索サイトのURL"

デスクトップにショートカットを作る方法

で。これらをLinuxでどうやって立ち上げるのか。
カメノはLXDEのメニューをカスタマイズしているのでここから立ち上げております。
LXDEカスタマイズを詳しく を参考にどうぞ。

しかしデスクトップなどにアイコンを置いてそこから起動したいという方もおいでかと。
世の中には便利ツールもあるようですが。
手動で設定します。
ファイルマネージャで「/usr/share/applications」を開きます。
別のタブかウィンドウで「~/Desktop」もしくは「~/デスクトップ」も開きます。

「/usr/share/applications」を開いた状態。アイコンが並んでいます。 「デスクトップ」を開いた状態。何もありません。

こんな感じです。デスクトップには見事に何もありませんな(笑)
おいといて。
今回は Chromium のショートカットを作りたいので、「/usr/share/applications」から「~/デスクトップ」へ Chromiumアイコン をコピー&ペーストします。
これだけだと普通に起動してしまいますので、デスクトップに置いたアイコンを右クリックして、適当なテキストエディタで開きます。
ファイル名は「chromium.deskctop」となっていますね。
ズラズラーっと設定項目が並びますが、ほとんど各国語のネーミングです。
まず、わかりやすいようにアイコンの名前を変更してみます。とりあえず日本語部分だけ変更。
「検索用シークレットモード」と名づけてみましょう。

15行目辺り
Name[ja]=Chromium ウェブ・ブラウザ
 ↓
Name[ja]=検索用シークレットモード

変更を保存すると
アイコンの名前が変更されました。
こんなことに。わかりやすいですねー。
では、起動コマンドを変更しましょう。
ユーザープロファイルが「Profile 2」で、Googleを立ち上げることにしてみます。

131行目辺り
Exec=/usr/bin/chromium %U
 ↓
Exec=/usr/bin/chromium --incognito --profile-directory="Profile 2" "https://www.google.co.jp/" %U

変更を保存して、アイコンから起動してみましょう。
シークレットモードで立ち上がり、Googleのページが表示されるはずです。
さて。
このままでは、複数のショートカットが作れません。
「chromium.deskctop」の名前を変更してやればいいのですが、右クリックでも「F2」でも変更できません。
「chromium.deskctop」をテキストエディタで開いて「別名で保存」します。「chromium_search.deskctop」としてみました。

新しいアイコンが出来ました。

同じのが並んじゃいましたけど(笑)
どちらも同じように起動できるか確認してみましょう。
確認できたら「chromium.deskctop」を削除するなり名前変更なり、適当に処分してください。
「*.desktop」の名前は重複しなければいいので、わかりやすい名前をつけておけばいいと思います。

以上、長々と失礼しましたー。

Sponsored Link