カメノドットコム
Debian大好きでメインで節操ない感じ。
GMOもわりと好き。
RSS feedly

構成を色々考える

最小構成にチャレンジするからには、ゴリゴリッと色々考えたいですね。
インストーラにおまかせでも悪くはないですが、やはり自分なりのやりかたで試行錯誤するのが楽しいです。

方針を決める

まずはパーティション構成から考えてみましょう。
Debianにどんなことをさせたいかでパーティションサイズが変わってきます。

パーティション構成の例:
/        512MB 〜 1GB
swap     積んでるメモリと同じか 2倍
/var     512MB 〜 1GB
/tmp     512MB 〜 1GB
/usr     10GB 〜 20GB
/home    残り全部

パーティション構成に絶対というものはありませんが、上記はカメノが好んでいる構成です。Linuxで /usr を 20GB 使いきるのはなかなか難しいですよ(笑)
128GBクラスのSSDでも、大きい方の数値で設定しても結構余裕ではないかと思います。

追記:2015/06/13
よく上記でパーティションを分割してましたが、デスクトップ環境でいろいろ入れたりしているうちに「/」「/var」あたりが足りなくなってしまいました。
「/usr」もギリギリいっぱい(笑)
なので、新しい構成案も載せておきます。全く芸がないものですがな。

パーティション構成の新案:
/        ディスク容量から swap を引いた分
swap     積んでるメモリと同じか 2〜4倍

では次ー。パッケージに用意されていないアプリケーションを使うか使わないかを考えてみましょう。
Debianパッケージは優秀だしaptコマンドも強力ですが、ビルドしたほうがいいものもあります。予め目星をつけておくのもいいかもしれません。
ついでにOSインスコ後の方針も決めておくといいです。
「パッケージをフル活用する」とか「何が何でもビルドする」とか「binディレクトリを汚さない」とか、なにかひとつ決めておくといいでしょう。
最小構成のおすすめは「binディレクトリを汚さない」です。管理が楽になりますよ。

Sponsored Link