カメノドットコム
Debian大好きでメインで節操ない感じ。
GMOもわりと好き。
RSS feedly

便利ツールをインストール

設定ファイルの編集や、パッケージ検索に便利なものなどをいくつかインストールしてみます。

---- [PR] ----
現在契約中 : GMOクラウドのVPS : お名前.com
今後契約するかも : お名前.com VPS
--------------

vimをインストールして設定する

エディタに vi を使用する場合、デフォルトのはちょっとというか、だいぶ使いにくいです。
vi の拡張版エディタである vim をインストールして、シンタックスハイライトと行番号表示をさせます。
カーソルキーでの移動その他、かなり使いやすくなります。
では vim をインストールしましょう。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade
$ sudo apt-get install vim

以上で vim のインストールは完了です。
次に設定ファイルを少しだけ変更して、シンタックスハイライトと行番号表示を有効にします。
vi コマンドで vim が起動しますので、すでに使いやすくなっています。

$ sudo vi /etc/vim/vimrc

19行目辺りに、シンタックスハイライトの設定があります。コメントアウトされているので、外して有効にします。
行番号表示は設定ファイルにありませんので、追記します。

"syntax on
syntax on    ダブルクオートを外して有効にする
set number   追記する

保存して終了、次にファイルを開くときにはいずれも有効になっています。

apt検索をもっと便利にする

標準の apt コマンドでもパッケージ検索はできますが、より強力なツールもあります。
個人的には aptitude コマンドをおすすめします。古くからあるコマンドですし、検索結果もシンプルで見やすいです。
aptitude は総合的なパッケージ管理ツールなので、インストールや削除もできます。
が。
現在、パッケージの追加、削除や、システムアップグレードには *非推奨* なコマンドになっていますので、パッケージ検索のみの利用が良いと思われます。
どのくらい非推奨になったかというと、Wheezy以降、デフォルトパッケージから除外されました。お気に入りのツールなのに。残念。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade
$ sudo apt-get install aptitude

Rubyとか一緒に入りますが、あっても困らないスクリプトエンジンなのでそのへんは大目に見ましょう。
apt-cache searchaptitude search の結果表示がどのくらい違うのか、サンプルを載せておきます。
きっと使いたくなるはず(だと思う)
linux-headers を検索してみます。結果を全部載せると長いので省略してます。

$ sudo apt-cache search linux-headers
linux-headers-3.16.0-4-all - All header files for Linux 3.16 (meta-package)
linux-headers-3.16.0-4-all-amd64 - All header files for Linux 3.16 (meta-package)
linux-headers-3.16.0-4-common - Common header files for Linux 3.16.0-4
linux-headers-3.16.0-4-amd64 - Linux 3.16.0-4-amd64 用ヘッダファイル
linux-headers-amd64 - Linux amd64 構成向けヘッダファイル (メタパッケージ)
$ sudo aptitude search linux-headers
p   linux-headers-3.16.0-4-all      - All header files for Linux 3.16 (meta-package)
p   linux-headers-3.16.0-4-all-amd6 - All header files for Linux 3.16 (meta-package)
i   linux-headers-3.16.0-4-amd64    - Linux 3.16.0-4-amd64 用ヘッダファイル
i A linux-headers-3.16.0-4-common   - Common header files for Linux 3.16.0-4
p   linux-headers-amd64             - Linux amd64 構成向けヘッダファイル (メタパッケージ)

違いがわかりますでしょうか。
apt-cache search だとパッケージの一覧が表示されているだけです。これ充分といえば充分なんですが。
aptitude search を使用すると一覧表示に加え、インストールされているかどうか、パッケージが壊れていないか、といったことも表示されます。
アルファベット1文字で識別するんですがね!
どちらのコマンドも apt-cache [or] aptitude search 検索文字列 | grep dev | more みたいな感じで、絞り込みをしたりページャーを使ったりするといいと思います。

パッケージ掃除ツール

必要なパッケージだけをインストールしていれば不要ですが。
超・強力なお掃除コマンドがあります。apt-get autoremove より強力です。
強力すぎて、たまに必要だから入れたパッケージも削除されます(笑)

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade
$ sudo apt-get install deborphan

deborphan の使い方は、概ね2種類です。
孤立したパッケージのアンインストールと、それらパッケージの設定ファイルの削除です。
まずは孤立パッケージのアンインストールから。

$ sudo apt-get --purge remove `deborphan`
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています                
状態情報を読み取っています... 完了
以下のパッケージが自動でインストールされましたが、もう必要とされていません:
  libimage-magick-perl libimage-magick-q16-perl libperl5.20
これを削除するには 'apt-get autoremove' を利用してください。
以下のパッケージは「削除」されます:
  lynx* perlmagick*
アップグレード: 0 個、新規インストール: 0 個、削除: 2 個、保留: 0 個。
この操作後に 388 kB のディスク容量が解放されます。
続行しますか? [Y/n] 
(省略)
$ sudo apt-get autoremove
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています                
状態情報を読み取っています... 完了
以下のパッケージは「削除」されます:
  libimage-magick-perl libimage-magick-q16-perl libperl5.20
アップグレード: 0 個、新規インストール: 0 個、削除: 3 個、保留: 0 個。
この操作後に 1,137 kB のディスク容量が解放されます。
続行しますか? [Y/n] y
(省略)
$ sudo apt-get --purge remove `deborphan`
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています                
状態情報を読み取っています... 完了
アップグレード: 0 個、新規インストール: 0 個、削除: 0 個、保留: 0 個。

上記のように削除するものがなくなるまで apt-get autoremoveapt-get --purge remove `deborphan` をメッセージに従って繰り返します。
そして --purge remove でも削除しきれないパッケージの設定ファイルを削除します。

$ sudo dpkg -P `deborphan --find-config`
dpkg: エラー: --purge は引数に少なくとも 1 つのパッケージ名が必要です

上記コマンドを連打してると、上記のように「引数をよこせ」と言われるようになります。
このメッセージが、不要な設定ファイルが全て削除された目安になります。

この deborphan を用いたアンインストールだと、必要なものまで削除されるケースがあります。
頻繁に削除される場合は使用を控えたほうがいいかもしれません。

バージョン確認コマンド

概ね、下記3種類のコマンドで確認できます。

$ uname -a
Linux ホスト名 3.16.0-4-amd64 #1 SMP Debian 3.16.43-2+deb8u2 (2017-06-26) x86_64 GNU/Linux
$ cat /etc/debian_version
8.9
$ cat /etc/issue
Debian GNU/Linux 8 \n \l

カーネルバージョンの確認は uname -a を使用するのが一般的ではないかと。
Debianのバージョンを知りたい場合には cat /etc/debian_version を使用します。
……Debianてさ。マイナーバージョンアップは意識しなくていいんだよな。
sudo apt-get update && sudo apt-get upgrade てやってれば勝手にバージョン上げてくれる。素敵。

Sponsored Link
アフィリエイトならA8.net
忍者AdMAX
Page Top