カメノドットコム
Debian大好きでメインで節操ない感じ。
GMOもわりと好き。
RSS feedly

忍者AdMaxでクリック&インプレッションやってみる

「忍者AdMax」はコンテンツマッチ型、バナークリックや表示回数によって報酬が得られるシステムです。
「Google AdSense」が使えないとか打ち切られたとか、そんなサイトやブログで人気のプログラムです。
うちのサイト、審査に通りそうな気がしますが。
フッタ部分に配置してるので、インプレッションでも報酬が生じる「忍者AdMax」にしています。

忍者ツールズアカウントを取得しよう

取得しようとか書いてますが。
「Googleアカウント」「Yahoo!アカウント」「facebookアカウント」「twitterアカウント」のいずれかを持っていれば、そのアカウントをそのまま使用できてしまいます。
サイトもブログも必要ナシ、もちろん、審査もナシです。
GmailやYahooメールで登録するくらいなら「Googleアカウント」か「Yahoo!アカウント」でいいでしょう。
とりあえず 忍者AdMax登録ページ からいずれかのアカウントでログインしてください。

広告枠を追加しよう

テキスト広告があった時代もあるそうですが、今はバナー広告だけです。
最近便利になったのが、PCとスマホでバナーの自動切り替えが出来るようになったことでしょうか。
とりあえず「PCサイト向けの広告枠」と「スマホサイト向けの広告枠」を作成して、広告切替が出来るようにします。
画像付きで解説しようとも思ったけど、文字だけでいいや(笑)

ウチのサイトを例に広告枠を追加していきます。フッタに横長のやつを「PC/SP広告切替」にしております。
まずはサイドバー左上部の「広告枠を追加する」をクリックします。
「PCサイト向けの広告枠」をクリックするとバナーサイズ選べるようになり、更にサンプルも見られるようになっています。
インプレッションで報酬が生じるのは「推奨サイズ」のみですので、ここから選びます。
今回は、フッタ用に「728x90」を選びました。「468x60」でもいいんですが、最近は小さめのノパソでもフルHDが多いので。

登録項目は割と適当に埋めても大丈夫ですが(ゴルァ)注意すべきポイントがふたつあります。あ、みっつか。
「サイト属性」と「表示させない広告」です。あとは「サイトURL」ですね。

「サイト属性」は【一般】を選びます。コンテンツマッチなので、コンテンツがアダルトだったら勝手にアダルト判定されます。
「表示させない広告」は【アダルト・出会い等の広告を表示しない】にチェックを入れます。
ちゃんと理由がありまして、アダルト・風俗・出会い系を禁止しているレンタルスペースやブログがほとんどだからです。
そんなところでヌコヌコするバナーが表示されたら……追い出されます。
おまけの理由として、アダルト・出会い系の単価のほうが低い傾向にあるからです。
アダルト・出会い系をやるなら、本格的に手をかけてガッツリやったほうがいいです。

「サイトURL」は表示させたいサイトやブログのアドレスを正確に入力しましょう。
ここに入力されたアドレスで広告が表示されるかどうかが審査になっています。
サイトを「https://」に変えたのに、登録を「http://」のままにしておいたら「審査中」に逆戻りしてました(笑)

スマホ向けの広告枠も作成します。
「スマホサイト向けの広告枠」をクリックした後は、ほとんどPCサイト向けと同じです。
PCメインのデザインなら「インライン」から選ぶのがいいような気がします。
スマホメインなら「オーバーレイ」もありでしょう。好みですかね。
登録項目とサイト審査は上記にある「PCサイト向けの広告枠」と同じです。

PC/SP広告切替をしよう

上述で作成した広告枠をドッキングさせます。
サイドバーの「PC/SP広告切替」から進みまして「切替タグの作成」ボタンをポチリと押します。
「切替タグ名」は自分にわかればいいです。
「広告枠選択」で、PC用とスマホ用をプルダウンから選びます。
うっかり間違えても大丈夫。あとで変更できます。

「PC/SP広告切替」で注意したい点は、貼り付けるサイトのアドレスと登録URLが同一のものを選ぶことです。
これもうっかり違うのを組み合わせて、片方が審査中になったりしてました。バカん。
しかしヘルプを見ると、このような記述が。

Q. 同じ広告タグを複数のサイトに設置できますか?
A. 設置いただけますが、収益の最適化及びレポート数値の把握のため、出来る限り広告枠を分けて設置することをお勧めいたします。

あれー? なんでだろー?
あ。思い出しました。わかりました。
削除したサイトのと組み合わせたり、HTTPとHTTPSを切り替えたのに登録情報を修正するの忘れてたり、そーゆーことやってました。
広告枠を増やしすぎて、管理しきれなくなったんでした。
そうなのです。作成した広告枠を削除できないのです。
ただ、非表示にはできるので、いつどのサイトのために何故作ったのか分からない広告枠を非表示にして、解決したんでした。

えーと、つまり。
同じ広告タグを複数サイトで使いまわすのはOKだが、登録しているサイトにも貼っておかないといけないということでしょうか。
剥がしてしばらくすると「審査中」に逆戻りすることがあるので、多分、登録情報にあるURLには貼っておかないとダメだと思う。
……ということじゃないでしょうか。仕様変更が頻繁にあるのでよく分かりませんが。

「忍者AdMax」はインプレッションでも報酬が発生しますので、目立たないところに貼れるのがいいところです。
1ページに貼れる最大数は3件が推奨されています。2カラムなら2件、3カラムなら3件、というのもいいですね。

忍者AdMaxの登録はこちらから


Sponsored Link