カメノドットコム
Debian大好きでメインで節操ない感じ。
GMOもわりと好き。
RSS feedly

アフィリエイトサイトやブログを作るにあたって

カメノドットコムはアフィリエイトサイトではありませんが。
A8.net忍者AdMax を紹介した流れでこんなページも作ってみました。
……UnixBenchにアホほど時間がかかるからってのは内緒だよ?

まずはテーマを決めよう

「売れ筋のをいっぱい貼っとけばいいや」というのはよろしくありません。
サイトなりブログなりのテーマを決めて、コンテンツを充実させることから始めるべきです。
売れ筋のものをテーマにするというのも悪くはありません。
ただし、特定のジャンルの売れ筋を扱うようにするのがいいでしょう。
自分が興味のあるジャンルはもちろんですが、調べたり書いたりするのが楽しいことも大切です。
長続きするテーマを選びましょう。

コンテンツを充実させよう

アフィリエイトリンクやバナーのないページや記事がたくさんあるのはいいことです。
テーマに沿って掘り下げてみたり、楽しいことを書いてみたり、ためになることを書いてみたり。
訪問者が楽しくてためになるな〜と思う記事に、大きなアフィリエイトバナーは無粋です。
書籍やDVD、CDなどは大きめのバナーでもアクセントになるのでOKですが。
テキストリンクが用意されていれば、さり気なくそれを利用するのがいいのではないかと思います。

記事全てにアフィリエイトバナーを貼るのではなくて、バナーのない記事もたくさん書くのがコツです。
そういう記事は楽しくてためになるよう、しっかり調べて可能な限り正確な情報を載せましょう。
訪問者はバナーを見に来るのではありません。
記事を読んだり写真を見たり、イラストを見たりするために訪問してくれるということを忘れないようにしましょう。

アフィリエイトバナーの配置を考えよう

これについては良サイトが大量にありますが、結局は自分が作るコンテンツにあっているかどうかです。
2カラムのサイトを例に、カメノさんがいいなーと思う配置を考えてみます。

サイドバーとフッタに、インプレッション報酬が発生するバナーを貼ります。PCとスマホでの切替も忘れずに。
クリック&インプレッション型はJavaScriptが多いので、レスポンシブデザインにしてもバナーのサイズが変わりません。
配信元のシステムやCSSを利用して、レスポンシブデザインに対応したバナーにしましょう。
インプレッション型で2件貼っておけば、コンテンツが充実し始める頃には表示件数だけで報酬が発生しているかもしれません。

メインカラムはもちろんメインコンテンツです。
テーマを決めてコンテンツを充実させるというのは、これをたくさん書くことです。
書いているうちに「この流れだとアレを紹介したいな」「これを例にもっと書けるな」といったことが出てくると思います。
バナーを貼るために記事を書くのではなく、記事にふさわしいバナーがあれば貼ってもいい。そんな感じで。
絵的に綺麗なものは、大きめのバナーでアクセントに使うのもいいでしょう。
テキストリンクのほうがふさわしければ、そちらを使うほうがいいでしょう。
コンテンツの内容に合わせて、記事としてまとまりのあるメインカラムがステキです。

偉そうなこと言ってるお前は?

このサイトはDebianに凄い比重が置かれています。無料のOSです。大抵のソフトは無料で手に入ります。
アフィリエイトサイトになりようがありません。
ただ、Debian好きが高じてVPSを契約して公開サーバを運営しているため、VPSや独自ドメインについてはすごく調べました。
調べてるだけでフンフン言うほど楽しいです。
多くのサービスがあり、何故自分はその中からひとつを選んだのかというところから、いくつかサービス比較のページを作っています。
他のサイトと同じような比較方法では面白くないので、自分にとって楽しい比較ページを作りました。
結果。
亀より遅い更新のサイトにも関わらず、アフィリンクから契約してくださる方がいらっしゃいます。
何かが誰かの役に立ったんだな、と、こういう時に思います。
コンテンツを充実させるって、そういうことじゃないのかなと。

偉そうに言ってますが、楽しみながら一生懸命調べて書いた記事は面白いものじゃないかと思います。
何よりも、サイトやブログを作っている本人が楽しむのが一番だと思います。
サーバ代とドメイン代を越えるほどの報酬はまだありませんが、かなりの部分をまかなえています。
大変ありがたいことでございます。
全然完成してないサイトなので、これからもノロノロと更新を続けて、役に立つサイトに仕上げていく所存です。
大きな儲けを出すことは考えてないです。サーバ代とドメイン代がまかなえれば充分です。

こんなヤツが偉そうに色々言ってごめんヨー。


Sponsored Link